logo
logo
 お問い合わせ
2021-08-27

WEB用動画も制作します


ともしびデザインでは、web用のプロモーション動画も撮影・編集・埋込が可能です。

既存のサイトにも埋め込めます。

web用動画を制作する際のポイントをいつくか紹介いたします。

①できるだけ軽い動画にする

読み込みに時間がかかるとサイト自体の速度にも影響してしまします。

速度が遅いと離脱率も上がってしまうので、軽量化が必須です。

動画の長さは10秒から20秒ほどで、容量は3M~5M以内に調整することが求められます。

②できるだけ良いカメラで撮影する

動画を軽量化すると当然画質は悪くなります。

今はスマホなどのカメラでも綺麗に動画を撮影することができますが、画質を落として軽量化すると劣化が目立ってしまいます。

一眼レフカメラで高画質に撮影した場合は、画質を落としても劣化が少なく、かつ雰囲気が良い映像に仕上がります。

③雰囲気を伝える映像作り

web用動画は主役ではありません。

主役はwebサイトです。

動画はお店や会社のイメージを伝える役割で、背景のような位置付けと考えております。

動画で惹きつけ、サイト全体を見ていただくというイメージです。

④PC用とスマホ用の動画

4G回線でもスムーズに閲覧できるように、スマホ用の動画を別に作成します。

スマホ用はPC用からさらに軽量化します。

動画埋込事例

①itami-(イタミマイナス)様

トップページのキャッチ部分に動画を使用。

https://itami-minus.com

②美顔専門サロン びより様

トップページ中間に埋込。

https://biyori-facialsalon.com

③間島佳代子ポピュラージャズピアノ教室様

トップページのキャッチ部分に動画を使用。

スマホは静止画に切り替え。

https://majimakayoko.com

④DRONCO

トップページのキャッチ部分に動画を使用。

ドローンを使って撮影(Mavic2pro)

https://drone-dronco.com

まとめ

web動画は数秒で何をやっているかを伝えることが出来るため、ホームページのコンテンツとして非常に有効です。

今後は5Gを始め、回線速度が上がって行くと共に、動画の需要も増えていくと思います。

動画制作についてのご依頼やご質問は下記よりお気軽にお問い合わせください。

お知らせ一覧